Change Of Pace

思ったことや、日常を書いていきます。

車で日本縦断6日目(いわき~さいたま市大宮)

GWが明けて、2日ほど経って、5月病の兆候が出始める頃ですね。

働くのが嫌だったな~前の職場。

これはGWに限った事ではないか。

さて、現在は長崎県平戸にいます。

キリシタンの歴史を感じながら、滞在中。

 

今日は6日目の訪問記ですね。

この日はいわき市から茨城を経由して、さいたま市に入りました。

正直言って、この日は特筆して書くようなことはないのですが、

個人としては大きな一日だったので、とりあえず書いていきます。

 

茨城は初めて訪れましたが、想像していたより田舎でした。

北茨城や常陸大宮、常陸太田などの県北部を訪れたからかもしれませんが・・・。

そんな中でも、驚いたのがセイコーマートの多さ。

通常であれば、セブンイレブンファミリーマートが多い中で、

茨城はあちらこちらでセイコーマートがあり、ビックリ。

※補足 

セイコーマート→北海道が地場のコンビニで、北海道の人間で知らない人はいない。

セイコーマート独自のパンや甘味などが置いてある。興味のある方は調べてみてくださいな。

 

さて、セイコーマート自体は身近なものなので中に入る事はしませんでしたが、北海道以外でこんなに多く店舗がある地域がある事に、驚きました。

f:id:maruneko7:20170512211101j:plain

常陸大宮のどこか。田んぼの水に光が反射して綺麗でした。

 

そんなことで驚きつつ、茨城を走り抜け、さいたま市へ。

さいたま市大宮に拘る理由として、私は多感な時期、青春を全て大宮で過ごしました。

今の私がいるのも、大宮で過ごしていた日々の影響が大きいです。

今回の旅では1日しか過ごしていないので、あまり記事にすることはないです。

ですが、中学卒業以来10年ぶりに会う友人や、全然知らせてもいなかったのに、急に呼びつけて会ってくれる友人に会えたそれだけで、嬉しかった、という事があります。

10年という時間というのはあっという間だなあ、そんなに経った気がしないなあなんて、思いました。

 

f:id:maruneko7:20170512210455j:plain

⇧大宮では駅前の祭りの時等にやる神輿担ぎ。なんでか知らないけど偶々やっていた。

 

f:id:maruneko7:20170512210811j:plain

 ⇧神輿担ぎを行っていた所と同じ通りの夜。大宮は下町と都会が入り混じるなんとも言えない雰囲気が好き。あと、所々すごい綺麗になっていて、女性も過ごしやすくなったと思います。

 

f:id:maruneko7:20170512211331j:plain

 ⇧浦和実業対市立川越の試合。駅から歩いて20分で高校野球が見られるのも良いところ。この球場の裏にあるNACK5スタジアムではさいたまダービー(浦和レッズVS大宮アルディージャ)がやっていました。

 

本日はここまで。

次は東京から富士宮市まで。

 

f:id:maruneko7:20170512211814p:plain

⇧6日目の旅程。

車で日本縦断5日目(大崎~仙台~蔵王キツネ村~福島~南相馬~双葉~いわき)

東日本大震災の画像があります。苦手な方は閲覧ご遠慮下さい。

 

皆様、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は財布を見ず知らずの場所で、2回も落としながらもなんとか生きております。

さて、1週間ぶりの更新となりました。

現在は、四国を経て、広島県におります。

有限不実行で申し訳ありません。

ですが、マイペース更新という事でご了承ください。

 

さて、5日目は大崎から出発して、仙台を経由して、蔵王キツネ村へ向かいました。

前から行ってみたかったんですよね~。

車でなければいけない場所にあるのでちょっと敬遠しておりましたが、今回は車旅ということで、決断して行ってきました。

入場料が大人1000円。子供料金は、忘れちゃった。ご興味ある方は確認してみてください。

入ると、そこにはまずヤギ。そして、オリの中にいるキツネたち。

ちなみにウサギや、ポニー、拾われたカラスなども一緒に飼われています。

少し奥へ進むと、キツネが放し飼いにされているコーナーがあるので、突撃。

・・・。

本当に、のびのび放し飼いされている・・・。

f:id:maruneko7:20170507211433j:plain

⇧あちらこちらでスヤスヤしています。たまにうろうろしてるやつやケンカしているやつもいたり。

 

 

f:id:maruneko7:20170507210144j:plain

 

 

f:id:maruneko7:20170507212041j:plain

⇧ブラックウルフ&ホワイトウルフのエサ取り合戦。でも肝心のエサは他のキツネに食べられる悲しさ。

 

f:id:maruneko7:20170507215453j:plain

⇧赤ちゃんキツネ。こいつ抱っこできます。毛は予想に反し硬め。爪は鋭く、引っかかれて軽く出血・・・。

 

何よりキツネさんの近くまで寄れる!!あーモフモフしたい。でも、手を出したら嚙まれるらしい・・・。

こんなに愛くるしいキツネさん達ですが、財布とかポケットに入れているとイタズラして取って行っちゃうらしい。気を付けよう。

 

キツネ村で癒された後に、向かったのは東日本大震災で甚大な影響を受けた福島南相馬へ。

この目で一度見てみたかった。ようやく実現した。

南相馬からは念の為、外に出ないで、車内から撮影しております。

 

f:id:maruneko7:20170507212639j:plain

南相馬市の海沿い。綺麗さっぱり何もなくなっている。ただ、何が建ってるわけでもなく、ただ寂しい。

 

f:id:maruneko7:20170507212922j:plain

⇧双葉市街地。ゴーストタウンと化しており、地震が起こってから時が止まっている。

 

f:id:maruneko7:20170507213232j:plain

⇧双葉市街地(帰宅困難区域)に入る手前に警察官が立っており、車の窓が開いていたり、体が空気に触れる状況になっていると注意されるらしい。ちなみに、バイク等は通後不可です。

f:id:maruneko7:20170507213803j:plain

⇧市街地にはいたるところにバリケード。家も、車も置きっぱなしで、身一つで飛び出したことが見て取れる。

 

f:id:maruneko7:20170507214103j:plain

⇧外装が剥がれ落ちたままの、パチンコ屋。いつになったら活気が戻ってくるのか。

 

今回、被災地を訪れて思った事が、復興は全然進んでいなかったという事。

ボランティアの人も年々少なくなっているという話も耳にした。

マスコミの量も減ったという話も耳にした。

今、私の、一人の、ちっぽけな力でなにが出来るのだろうか。考えた。

実際に現地を見た人が、見に行って知るべきだよ!!と声を上げること。

出来ることはそれくらい。

 

なので、

 

私から皆様へ。

是非、被災地へ行ってみてください。

6年前に起きた出来事を皆様は知っているはず。

そこから何がどう変わったのか。自分の目で見つめてきて下さい。

何か感じるものがある筈です。

宜しくお願いします。

 

これが、今にできる自分の精一杯。

なので、これ以上は何も語りません、語れません。

頑張ろう、東北。

 

そういった被災地を抜けて、この日はいわき市で宿泊。

ホテルのお姉ちゃんがすごいお喋りで、気分が明るくなってこの日は終了。

次はいわきからさいたま市大宮まで。

 

f:id:maruneko7:20170507210313p:plain

⇧5日目の旅程。

 

最後に。

今後これらの記事を見てくれた方の参考になるかと思って、縦断費用がどれくらいかかっているかまとめております。

完成し次第、記事にします。

何かの参考になってくれれば幸いです。

それでは。

車で日本縦断旅4日目(04/27,花巻~平泉~南三陸~大崎)

旅も早くも4日目です。

ちょっとお金を使うペースが上がってきているので、抑えないと・・・。

 

さて、4日目は花巻から宮城県大崎市を目指します。

大崎市には私の親の友人がおり、久しぶりに会いに行くことになっていました。

そこに向かう途中に中尊寺があったので、向かうことに。

行ってみたものの、金色堂を見ても、すごいけど・・・ってなってしまいました。

景色は良かった!!東北は本当に景色が綺麗です。

 

f:id:maruneko7:20170428213736j:plain

中尊寺の眺めがよいところ。

 

f:id:maruneko7:20170428213940j:plain

中尊寺全く関係ないけど、おめかししたペコちゃん。

 

さて、大崎についてからは南三陸へ連れて行ってもらって、夕食は親の友人ご夫婦と大崎市古川の居酒屋へ。

f:id:maruneko7:20170428220531j:plain

⇧南三陸しゃんしゃん商店街。リニューアルしたとのことでしたが、ガラガラでした。

 平日夕方はこんな感じだが、昼間は観光客でごった返しているとのこと。

 

連れて行ってもらった料理が非常に美味でした。創作和食で、芸術的で見てもよし、食べてもよしのお店でした。

そのお店には、別にお客が来ており、そのお客が有名な日本酒「伯楽星」を作っている蔵元の社長でした。

「伯楽星」は世界一の日本酒として世界的に有名で、ANAのファーストクラスでも提供されていると聞いて、凄い人と話したんだなあ、と振り返ってみています。

ちなみに伯楽星、とてもおいしかったです。あまりお酒も強くないし、日本酒は飲みませんが、おいしかったです。皆様も是非。

東北で一番になる為には、日本一にならなきゃならない、日本一になるためには世界一になるしかない、古川の日本酒を世界に広めて、日本一・世界一の酒にするという熱い思いを聞くことが出来ました。

そんな出会いもあり、お酒が入り、家に着いて記事書いて寝ました。

3日目はここまで。

明日は大崎~いわきへ移動です。

 

f:id:maruneko7:20170428220234p:plain

⇧4日目の旅程。

 

車で日本縦断3日目(04/27,大船渡~碁石海岸~陸前高田~猊鼻渓~花巻)

東日本大震災の写真があります。気分を害される場合は見ないで下さい。

 

もう、色々当日の更新は諦めました(笑)

あと、本日の記事は短め。

と、いうわけで、昨日(04/26)にあった事をまとめます。

昨日は大船渡碁石海岸~陸前高田猊鼻渓~花巻と移動しました。

碁石海岸は一言美しい。

f:id:maruneko7:20170427234823j:plain

⇧室蘭名物ボルタ君と碁石海岸①。

 

f:id:maruneko7:20170427235021j:plain

⇧ボルタ君と碁石海岸②。

 

f:id:maruneko7:20170427235141j:plain

⇧ボルタ君と碁石海岸③。

 

その次に行った、陸前高田

陸前高田に来るのは5年ぶりになります。

というのもボランティアで一度来たことがあり、そこから変化はあったか

ずっと見に行きたかったという思いがありました。

感想としては、損傷した建物は取り壊され、平地になっているところが多かった。

ですが、復興は思った以上に進んでおらず、人口の流出が心配。

懸命に進めているのは分かるのですが、このペースでいくと、建物が建っても人がいなくなってしまうような、そんな気がします。

 

f:id:maruneko7:20170427235601j:plain

 ⇧陸前高田の風景①。

 

f:id:maruneko7:20170427235740j:plain

 ⇧陸前高田の風景②。旧道の駅高田松原

 

f:id:maruneko7:20170428000140j:plain

道の駅高田松原

 

その後、花巻へ向かう道中、2日目にあったツーリングの人が、猊鼻渓は行ってみると良いと言っていたことを思い出し、寄り道することに。

お金と時間はかかりましたが、ここもまた美しい場所でした。

雨が降っていたのが少し残念・・・。

また晴れていて、藤の花が咲くときに来たいなあ。

 

f:id:maruneko7:20170428000852j:plain

猊鼻渓

 

f:id:maruneko7:20170428001017j:plain

 ⇧猊鼻渓

 

f:id:maruneko7:20170428001227j:plain

 ⇧猊鼻渓

 

花巻は高校野球の一学年上の先輩宅に泊めていただきました。

7年ぶりにキャッチボールして、言葉にできないような感動がありました。

本日はここまで。

明日は花巻から大崎まで。

車で日本縦断2日目(04/26, 八戸~久慈~岩泉~大船渡)

 2日目にして、毎日更新記録が途絶えました。本当は更新したかったのですが、山中におり、電波が届かず、PC使用不可になっていました・・・。

以上、弁解でした。

 

さて、2日目は八戸からスタート。その後、じぇじぇじぇで有名な久慈市を経て、岩泉町に到着しました。

 

f:id:maruneko7:20170426160455j:plain

 ⇧久慈駅前のデパート。かなり築年数が古く、取り壊されそうだった。

 

f:id:maruneko7:20170426161124j:plain

⇧行った証拠じゃないけど、久慈駅前のあまちゃんセンター。

 

さて、岩手県岩泉町。ここはつい最近ニュースや新聞でも話題になりました。

私も、全く覚えだせなくて、町の風景を見て、

「ああ、そっか。この街は・・・」

となりました。

岩泉町は台風による川の氾濫、土砂崩れにより、町が滅茶苦茶になりました。

 

 

f:id:maruneko7:20170426152505j:plain

⇧道の駅の隣にあった野球場。フェンス等が歪み、身長より大きな流木もあった。

 今は立ち入り禁止になっている。

 

f:id:maruneko7:20170426152804j:plain

⇧土石流により、完全にタイヤが埋まってしまっている車体。

 

f:id:maruneko7:20170426153417j:plain

 ⇧右車線側の家はすべて人が住んでおらず、土石流で流された当時のまま残っている。

 

f:id:maruneko7:20170426153710j:plain

⇧土石流で流された生活用品の山。この後ろや横にも山があり、凄い高さになっていた。

 

こんな状況になっていたなんて・・・。

この風景を見て、率直にそう考えていました。

テレビでは、こんな様子教えてくれません。震災の被害以外にも、こういう事が現実に起きている。

こういった事はもっと知られるべきだと思う。また、直に目にする人が増えてもよいと思う。

 

岩泉町を抜けて、宮古市でお昼のラーメンを食べ、大船渡市へ。

今回の旅の中で、初キャンプすることになり現地へ向かった。

f:id:maruneko7:20170426154610p:plain

 

ここにした理由は、キャンプ場代が500円で、風呂は200円で入れるコスパの良さとロケーション。

 

どうせ一人でキャンプすることになるんだろうなあ、と思っていましたが、なんと先客が一人いるとのこと。

話してみると、どうやら休暇を取って、平日キャンプをしている方でした。

この方、20年強もバイクで日本中をツーリングしているとのこと。

一人でキャンプする予定だったからビックリした、よくここ知ってたね。と言われましたが、私も先客がいると思わずビックリしましたよ。

色々話している内に、先客の男性は、なんと見ず知らずの私に、ご自身の炭火で焼きあげた黒毛和牛(!)や焼き鳥、ウイスキーをごちそうしてくれました。

外で星を見て、話し合いながら食べる料理、お酒はおいしいですね。出会いの機会を与えてくれたご縁に感謝。

 

次の日は、陸前高田へ向かう為、準備を整えつつ、良い気分で寝る2日目でした。

 

 

f:id:maruneko7:20170426155910p:plain

⇧最後に2日目の旅程。寄り道しすぎました。

 

2日目はこれでおしまい。3日目も急いで作ります。

車で日本縦断1日目(04/24)

 

本日からなるべく毎日ブログを更新していきたいと思います。

日記みたいなものですね。

 

本日は函館の友人宅からフェリーに乗り、青森へ移動。

その後、さくら祭りを観に行くため弘前へ。

それが終わったら、八甲田山を抜け、八戸へ。

八甲田山の山中がニアピンカーブの連続で厳しいドライブでした。

本当は岩手県の久慈まで行きたかったのですが、体力と時間の都合を考え断念。

f:id:maruneko7:20170424214703j:plain

f:id:maruneko7:20170424215348j:plain

弘前城の桜。満開の桜が多かったですが、八分咲きのものも多かった。

 

f:id:maruneko7:20170424214801j:plain

 ⇧山の名前は分かりませんが、道に迷ったら素晴らしい景色に出会えました。

 

明日は久慈市から釜石までいけるかな??

 

本日はここまで。

 

 

2017/04/24

 

最近、カメラにどっぷりハマっており色々な風景を見て、撮りにいったりしているのですが、夕張に行った時の話を少ししたいと思います。

 

夕張市はご存じのとおり、地方公共団体として、財政破綻をしてしまいました。

現在は、財政再建の為に、様々な部分でコストカットを行いながら、行政を回しています。

人口も、流出が止まらず最盛期の1960年には11万6908人(!)もいた人口が今は8858人にまで減ってしまいました。

 

私は、そんな、時代の流れについていけなかった、昭和の色が残る夕張の街に降り立ち写真を撮っていました。

私は平成生まれの人間です。昭和のカラーや匂いはテレビや本でしか知りません。

ですが、明らかに時代の流れに沿っていない建物や、広告などがひしめく街を見ると、平成のカラーではないことは分かります。

 

そこで、思った事。

 

それは、この昭和のカラーや雰囲気が残るこの街はある意味貴重なのではないかという事。

ここでしか取れないような、建物が多く並んでおり、石炭で栄えていただろう過去を感じさせてくれました。

写真の題材として興味深いものが多く、また来たいと思わせる街並みでした。

ご自分のカメラを持っていて、古い建物や、慣習に興味をお持ちの方は、ぜひ行ってみると面白いと思います。

 

f:id:maruneko7:20170424083239j:plain

⇧もうすぐ廃線になる予定の石勝線夕張視線清水沢駅

 1897年業務開始と歴史は古い。

 

f:id:maruneko7:20170424085147j:plain

⇧かつては有人駅だったが、無人駅に。客もおらず、シャッターの機械音が反響した。外気よりも室内の方が寒かった。

 

 

f:id:maruneko7:20170424084501j:plain

清水沢駅に張られていた。駅に携わった方の証言をまとめたものらしい。

 夕張が栄えていた様子が面白く描かれていた。

 

f:id:maruneko7:20170424083646j:plain

 

 ⇧道中にあった、橋梁。

 

f:id:maruneko7:20170424212628j:plain

⇧夕張の山へ落ちていく夕日。一番感動した。

 

こんな感じで、夕張の下りは終わり。

現在や、未来の事ばかりに目を向けるのではなく、過去に目を向けることは必要だと改めて感じました。